愛犬と旅行に出かけよう 旅ワン.com

ドッグトレーナー「ももこ先生」監修

ドッグトレーナーおすすめクレート★小型犬、中型犬、大型犬の間違いのない選び方(大きさ、車移動、クレートカバー)

旅ワン.COM - 「犬を飼っているから旅行に行けない!」と諦めていませんか?
ドッグトレーナーの「ももこ先生」とナビゲータわんこの「旅ワン」が、大切な愛犬と一緒に楽しめるスポットや、愛犬との旅行を楽しむヒントを紹介するブログだよ★

 

1わんこ1クレートが基本というくらいクレートは大切です。じゃあ、メインで使うクレートはどうする?ドッグトレーナーの視点から選び方を教えちゃいます〜。ぜひ、参考にしてね!

クレートが何かわからない飼い主さんはクレートを知らないなんて損!の記事を先に読んでワン!

◆そもそもクレートって何?からわかるこちらの記事を先に読んでね↓↓

www.tabiwan.com

f:id:tabiwan:20200208095956p:plain

毎日使うメインクレートの選びかた

クレートは「たまに使うカゴ」ではなく「わんちゃんのお部屋」です。わんちゃんをしっかり守ってくれるプラスチック製の「ハードクレート」 をメイン使いに用意しましょう♪ 選ぶポイントは以下4つ★☆

1.大きな窓がない

クレートで大切なのはあなぐら感す。外からの刺激が少ない方がわんちゃんは安心できます。そもそもクレートは中に入っている犬を観察するための物ではありませんので、サイドに空気の流れを作るための小さい窓があるのは良いのですが、大きな窓がある必要はありません。

2.頑丈である

せっかくハードクレートを選んでいるので、わんちゃんを守る頑丈なものを選びましょう。

3.中でUターンできる大きさ

わんちゃんが中で無理なくUターンできる大きさが目安です。大きすぎると、車の移動で急ブレーキの時に衝撃を与えてしまう等の危険があります。わんちゃんの体高とふせの姿勢をした時の横幅を参考に選ぶと良いです。

4.Lサイズは持ち手が2箇所ある

中大型犬のクレートは結構大きいので持ち手が2箇所あるものがおすすめです。大型犬はクレートに入ったまま持ち運ぶことは重さ的に無理...(¯―¯٥) だけど、空のクレートを移動する時に便利です。  

飛行機の基準について

頻繁に犬を飛行機に乗せる人は少ないと思うので、毎日使うメインクレートを選ぶ際は「飛行機に乗れる基準」はあまり気にしなくても良いと思います。飛行機に乗せる機会がきたら、その時に航空会社の規定を見て準備しましょう〜。  

 

それでは、早速選んでみるワン〜♪

 

小型犬のおすすめクレート

 

ももこ先生の基準をクリアしたリッチェルアイリスSpaceOFTのクレートがおすすめです♡

リッチェル キャンピングキャリー S・Mサイズ

f:id:tabiwan:20200208094301j:plain

チョコ太とレモンも愛用しているクレートだよー♪♪

★クレート選びの基本4点を満たしている
★シートベルトが固定できて車移動も安全
★別売りクレートカバーがある
★別売りショルダーベルトで肩がけもできる 
 
◆Sサイズ◆
●内寸:約28(幅)×42.5(奥行)×25.5(高さ)cm
●体重目安:5kg以下(製品重量約1.5kg)
 
◆Mサイズ◆
●内寸:約33(幅)×52.5(奥行)×33.5(高さ)cm  
●体重目安:8kg以下(製品重量約2kg)

 

アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー S・SSサイズ

★クレート選びの基本4点を満たしている
★両手で持てるように取っ手の幅が広い
 
◆SSサイズ◆
●内寸:約22(幅)×39.5(奥行)×24.8(高さ)cm  
●体重目安:5kg以下(製品重量約1.7kg)

 

◆Sサイズ◆
●内寸:約28(幅)×45(奥行)×35(高さ)cm  
●体重目安:12kg以下(製品重量約3kg)

 

Space OFT ペットケンネル・ファーストクラス L50・L55・L60

★クレート選びの基本4点を満たしている
★強化プラスティックでより頑丈に
★幅広いサイズ展開
 
◆L50サイズ◆
●内寸:約28(幅)×42(奥行)×30(高さ)cm  
●体重目安:4kg以下(製品重量約2.2kg)

 

◆L55サイズ◆
●内寸:約31.5(幅)×50(奥行)×30.5(高さ)cm
●体重目安:7kg以下(製品重量約2.4kg)

 

◆L60サイズ◆
●内寸:約35(幅)×54.5(奥行)×38(高さ)cm
●体重目安:10kg以下(製品重量約3kg)

 

中型犬のおすすめクレート

 

中型犬のおすすめはハンドルが2箇所ついている&キャスター補助があるリッチェルSpaceOFTだワン♪

 

リッチェル キャンピングキャリー Lサイズ

f:id:tabiwan:20200307153948j:plain

マリオが使っているクレートです〜♪

★クレート選びの基本4点を満たしている
★シートベルトが固定できて車移動も安全
★ハンドルが2箇所だから運びやすい
★空クレートを転がして移動できるキャスター付き
 
◆Lサイズ◆
●内寸:約41.5(幅)×61.5(奥行)×48(高さ)cm
●体重目安:約20kg以下(製品重量約5.2kg)

 

Space OFT ペットケンネル・ファーストクラス L80

★クレート選びの基本4点を満たしている
★強化プラスティックでより頑丈に
★ハンドルが2箇所だから運びやすい
★キャスター取り付け可能(別売り)
 
◆L80サイズ◆
●内寸:約49.5(幅)×73(奥行)×55(高さ)cm
●体重目安:約20kg以下(製品重量約6.4kg)

 

◆クレートを「わんちゃんのお部屋」 に慣らす方法はこちらの記事で♪

www.tabiwan.com

 

大型犬のおすすめクレート

 

大型犬はその子の大きさによって選べるクレートが限られてきます。内寸と犬の体重をよくみてね。

 

アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー Lサイズ

★クレート選びの基本4点を満たしている
★両手で持てるように取っ手の幅が広い
★ハンドルが2箇所だから運びやすい
 
◆Lサイズ◆
●内寸:約49(幅)×75.5(奥行)×63.5(高さ)cm
●体重目安:約35kg以下(製品重量約11.4kg) 

 

リッチェル キャンピングキャリー XLサイズ

★クレート選びの基本4点を満たしている
★ハンドルが2箇所だから運びやすい
★空クレートを転がして移動できる片側キャスター付き
 
◆XLサイズ◆
●内寸:約56(幅)×81(奥行)×60.5(高さ)cm
●体重目安:約40kg以下(製品重量約8.9kg)
  

OFT バリケンネル L90・L100・L120

★クレート選びの基本4点を満たしている
★ハンドルが2箇所だから運びやすい
★キャスター取り付け可能(別売り)
 
◆L90サイズ◆
●内寸:約53(幅)×82(奥行)×64.5(高さ)cm
●体重目安:約25kg以下(製品重量約8.8kg)  
 
◆L100サイズ◆ 
●内寸:約60(幅)×92(奥行)×71(高さ)cm
●体重目安:約35kg以下(製品重量約11.3kg) 
 
◆L120サイズ◆ 
●内寸:約74.5(幅)×113(奥行)×87(高さ)cm
●体重目安:約35kg以上(製品重量約18.4kg) 

メインにはおすすめしない2タイプ

△天井にフタがあるタイプ

フタが透明の場合、上から丸見えで落ち着きません。また、ももこ先生としては、クレートカバーをかけて外を見えにくくしてあげて欲しいので、そもそも上から観察する窓は必要ありません。 開く部分に取手がついているので、そうでないものより耐久性も劣ります。

このタイプは自力で出入りができない、目を離すことができない病気や障害などがあるわんこに向いています。

△折りたためるタイプ

折りたためないものよりも耐久性が劣るのでメイン使いにはおすすめしません。予備としてなら使わないときはコンパクトにしまえて便利だと思います♪

 

どちらもサブとして使うことを推奨します(^-^)

 

ところで、おしゃれなクレートは...ない?

f:id:tabiwan:20200208112010j:plain

せっかく買うならおしゃれなクレートが欲しい!って思う飼い主さん、この記事からもうお分かりのように、ハードクレートはほぼ見た目が一緒です...。

 

デザインにこだわるのであれば、メインクレートを用意した後に、ソフトクレート、スリング、バッグ、リュック、ペットカートなどを検討しましょう。こちらはデザインも豊富で選ぶのが楽しいです♪♪ その際もひとつだけアドバイス。

 

(カバーなどで)外を見えなくできるタイプをなるべく選びましょう。

 

わんちゃんが興奮したり、吠えた時に、外からの刺激をシャットアウトすることで落ち着かせることができます(クレートカバーと同じ考え方)。メッシュだけのタイプはわんちゃんによっては吠えを助長したり、ストレスになることもあるので気をつけてあげてね。

 

◆わんちゃんをクレートに慣らすトレーニングもぜひやってね♪

www.tabiwan.com